2017年03月22日

パールイズミ2017秋冬モデル展示会行ってきました。

浄土平をロケ地として使っていることでも馴染み深いパールイズミの今年の秋冬モデルを見てきました。

素材や作りとして目新しさは感じなかったので、基本的には2016秋冬のデザイン変更といった感じです。

なんだ。それだけか。

と思われるかもしれませんが、レースモデルはともかく、ストリート系デザインは更に使いやすいグラフィックになってました。
その辺りは見て頂いた方が早いと思いますので撮ってきた写真を見て少しでも感じて頂ければと思います。

7B485F6D-9636-409E-81A6-B72D40CD7D0C.jpg2B8ED429-5E5D-48C0-AEA8-A48C0AC7CDC6.jpg9F020EFD-6F2F-4A90-AAA6-D156C5DAB751.jpg2B027A95-DCC6-467C-B25B-CC89E68FE484.jpg973C2DED-3DB6-4ABF-A633-28DFB717E2FB.jpg36264551-9509-4FB9-82DA-E9C18B73BF64.jpgC5D82388-5545-4476-9123-C02D7E3AE3BF.jpgDF819710-DD3E-4E91-8B91-5A141B07A9F0.jpg3AEB44C2-ACDA-43F4-B882-91C7E34EB1C4.jpg695B18F0-D64C-482C-9FE8-D0A2C8ED9234.jpg5FB86A20-4E3E-40CB-9D94-5F9F8780F16C.jpgA4BF579D-3C66-4E94-B806-B23167EA50E2.jpg7D93B37F-EBF3-46DA-BF5D-DB421090152E.jpgA7A5DE13-334C-4C7C-8D3D-38D2EDEE5E00.jpgCB4CC94E-1AFF-4A46-ADCB-B08FB90CB63B.jpg192C7B26-064D-4D42-BB62-6DFB1778C51C.jpg9E5D3DBF-E836-4C03-B3E3-B37B35D3118A.jpgDC6D54F2-54B9-437A-8ED1-DBB6DDD55E3C.jpg998E43A6-E393-4AA4-B5BF-DE81D4837E48.jpgEF24E9C5-240A-4AB8-A7E3-7EB06FE480B9.jpg1093A885-86F6-4587-BC5E-5046CE23F8D9.jpg397FD017-E639-47B0-89A9-E1489F2DA738.jpgDFB4CB40-7971-40CC-9161-01D1BA5F768F.jpg798014C9-9B0D-445D-8B4E-776178FEA3EE.jpg74A52DD1-7B5A-4A36-AE9D-20B97CA997A0.jpg0A69E903-69B4-49DE-82B4-77A074C23E6A.jpg

男女共に落ち着いたデザインが多くなったと思いますが、最終的には好みなのでそれだけはどうしようもありませんが、今までよりは入門用やストリートにも溶け込めるものになってきたと思います。

そしてレース系モデルのデザインもよく見るとダイヤパターンを変化させたものだということに気づくと思います。
すごく分かりづらいかもしれませんが、従来のアーガイル柄を変化させてレース系モデルに取り込んでるのはちょっと感心しました。

今日個人的に1番惹かれたアイテムはテーパードパンツとヒーターグローブです。
テーパードパンツはもっと細かく写真撮ってくるんだったと思いました(^^;;
レングスが7部と9部丈と2種類あり、ストレッチもかなり効いていましたので動きやすそうでしたし、デザイン的に全然普段使い出来る仕様だと思いました。

ヒーターグローブは実際に必要と感じてる人がどれだけいるかにもよりますが、従来の冬用グローブより薄手になるので指が動かしやすいのはポイント高いですね。
従来対応温度が低くなる程必然的に生地が厚くなって操作性が悪くなってしまいますので。
バッテリーを外すと洗濯可能というのもいいですよね。

今年必要と思った商品は今から少しずつお金貯めといてくださいね。
posted by Liberta at 16:56| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

BURLEY取り扱い始めます。

この度ライトウェイプロダクツジャパンの展示会で見てきましたチャイルドトレーラー、BURLEYの取り扱い始めます。


3B0384C9-BC07-418F-8205-83BBBFDB8EDF.jpg7EE4CB2C-6A01-4CAE-B29A-D6ED1DD28BC4.jpg88BD6403-75AE-4DFD-B6E0-E76615238BB1.jpg292FC432-1B7E-42E1-A2C6-0ABC807F4F17.jpgB6299785-12AA-464A-886F-A9481496FAED.jpgBD146635-6FFE-490D-91D2-ADF9D65DA996.jpg5B225812-B270-48AF-9497-A5A131B7754B.jpg

今僕が付けてるようなチャイルドシートではなく、馬車の様に後ろに付けて引っ張る形の子供乗せです。
従来の子供乗せに比べ幅があるので歩道の走行は出来ませんが、子供の乗車位置が低くなるので重心が下がるのと、タイヤが左右に付いたトレーラーを引っ張るので安定した走行が可能になります。万一自転車が倒れても子供が地面に叩きつけられる心配が無くなります。
お母さんやお父さんも運転の際にフラつかなくなるのは大きなメリットですよね。
都市部と違い自転車が車道を走るのに慣れていない福島市ではまだ不安もあるかもしれませんが、路側帯の広い道を選んで走るなどすれば歩道を頑張って走るより安全でしょうね。
何より子供さんが凄く楽しいみたいです!
ライトウェイの担当の方は試しに会社のを借りて自分のお子さんを乗せてみたら30分も走らされた!と言っていました。
そして自分用に購入したと。笑
BURLEYではチャイルドトレーラーの他にも荷物運搬用のトレーラーも展開していますので、キャンプツーリングなどをやる際にも役立つトレーラーもあります。
実際の販売は少し先になりますが、当店でもチャイルドトレーラーは展示しますので気になった方は是非お越しください。
入荷した際は改めてご案内致します。
posted by Liberta at 00:28| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

自家用子乗せを後ろ仕様にしました。

今までは前に取り付けていたチャイルドシートを子供が大きくなったのにともない前から後ろに変更しました。

210CDAE9-B844-403F-9E38-0E473C4A43EC.jpg
全体像としてはこんな感じです。
子乗せは外しましたがウインドスクリーンは残しました。
アメ車っぽい見た目も好きなんですが、実際風の感じ方が全然違うんですよね。
158B9A8C-1EBA-446D-810B-BE258122A282.jpg
トピークのリアシートの純正クッションが黄色なので最初からピンクに交換しちゃいました。
54EB953B-11C6-42E5-B5FF-6369DC080836.jpg
ウチのママさんが乗ることを考えて前かごも装着しました。
そしてハブダイナモ仕様にもホイール組み直しました!

96F232BE-5F7D-409D-938D-FDAC30515903.jpg
8A0D46E0-4829-493B-ADED-77CCFF1218D9.jpg
前かごに使ったのがこちらのBASILのフロントラックLとクレート(カゴ)になります。
こちらは先週の展示会で現物を見て注文してきました。
ちなみにこのラックはナット留めの車輪専用で一般の軽快車には使用できますので、軽快車(ママチャリ)のカスタムにも使用できます。
その代わりクイックリリースのスポーツ車には使用出来ませんのでご注意ください。

こうしてお洒落ママチャリが誕生しました!

通常、販売されている自転車を「完成車」と呼んだりしますが、そこで終わりではなく、クルマなどと同じくそこからカスタムやドレスアップなどを自転車も行えますので、そういったご相談もお受けしています。

ママチャリや街乗り用自転車をカスタムしてる人は福島にはほとんどいないと思いますのでやるなら今のうちですよ〜!
スポーツや街乗りなど自転車の使い方は様々ですが、どうせ乗るならお洒落に楽しく乗りましょう♫
posted by Liberta at 19:09| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする