2012年06月07日

お洒落フェンダー

「スポーツバイクにフェンダーはかっこ悪いから着けたくない。」

と考える方は大勢います。

「でも、フェンダーあった方が便利だな。」

と思ってる方も大勢います。

つまりはカッコいいフェンダーが無かった(1部の車種にはカッコいいのはありましたが)のが原因な訳で、裏を返せばカッコいいフェンダーなら着けたい。着けてもいい。と考えるのは早計でしょうか?

今回ご紹介するのはユーロバイクアワードを受賞しているカッコいいフェンダーです。

curana Clite (クラナ シーライト)
Price:5,670~
このフェンダー、単体で見てもなかなかその良さが伝わりません。
なのでARAYA MuddyFoxに取り付けてみました。
curana取り付け例
この薄さ、シンプルさがおわかり頂けるでしょうか?

さらに(アルミ/樹脂/アルミ)の3層構造で質感もとても良く、その上傷やねじれにも強く取り付けが簡単なんです。

今回の取り付けはさらにスマートにする為にフェンダーの長さを少しカットしています。いくらベースがカッコよくても長過ぎては野暮ったくなりますので。

通常シルバー/ブラックの2色ですが、700cモデルはカラー/デザインモデルの設定もございます。

写真のMuddyFoxはこのまま店頭にて販売しています。
街乗りで使い勝手抜群の26インチMTBにフェンダー着けたらもう街乗り最強でしょう。
あとはリアにパニアバックを取り付ければ完璧なんですが、そこはお求めになるお客様の判断にお任せします。

いまお乗りの自転車にフェンダー着くのか?と言ったご相談やパニアバックって何?といったご質問などお気軽にお問い合わせください。
ご来店頂ければ実物やカタログを見てなるべくわかりやすくご説明致します。

1つ言えるのは販売されている状態は「完成車」ではあっても「完成形」ではありません。
お客様の好みや用途によって「完成形」は異なります。
僕は微力ながらその完成形に至るお手伝いをさせて頂くだけです。(それが僕の楽しみでもあります)
なかにはご希望に添えない場合も出てくるかもしれませんが、寛大な心でご容赦頂ければ幸いです。
ラベル:curana
posted by Liberta at 13:19| 福島 ☁| Comment(0) | custom | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください