2017年04月15日

KHS P-20R のご紹介

KHSのカッコいいミニベロP-20Rのご紹介です。

580D751B-2219-4F64-8F5E-C13BC7557B20.jpg2E339F21-9A28-4382-B519-DFF03CF54EDF.jpg388E9E02-52AE-404E-BD7F-5C2C8BE7E2CA.jpgC384214A-4C15-4289-8FA8-34627644B9B0.jpg
フラットサンドブラックと言うただのマットブラックとも違うカラーがまずカッコいいです。
それにKHSならではのブルホーンハンドルはレースや超ロングライドを考えなければ使い勝手に優れたハンドル形状です。

そしてKHSならではと言えば、
1B018BAD-AA74-4969-8BF1-F8E120E998DB.jpg4D475858-EC12-42EF-BF68-FAB54BE6C880.jpg
やっぱりソフトテール!
コレがホントに効果大です‼︎
タイヤの小さいミニベロは小回りやスタートダッシュなどの機動性に優れていますが、快適性においてはタイヤの細い451と呼ばれる規格においてはやや難があるのも事実です。
それを大幅に緩和してくれるのがソフトテールと呼ばれるゴールドのパーツです!
体感に個人差はありますが、側溝のフタの上みたいな連続した繋ぎ目があるところを走ってみても不快な突き上げは感じません。
この不快感を解消するためにサドルを交換したりタイヤを交換したりといった方法が普通の方法ですが、コレがあればそれらを走りや見た目を気にしたパーツに交換出来るのは嬉しいですね。
快適性の高いサドルは厚ぼったくてヤボったくなるしタイヤを太くすると路面抵抗が増えるし(^^;;

コレより安いミニベロは沢山ありますが、走行性能と快適性を高レベルで持ち合わせていますので、それを考えると決して高い自転車ではないと思います。
とはいえ、使い方によって求める性能が違ってきますので、どれが自分に適したモデルなのかはご相談ください。
posted by Liberta at 19:07| 福島 ☁| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください