2017年07月06日

EDDY MERCKX 17-18モデル展示会行ってきました。

昨日はライトウェイの他にエディメルクスの来シーズンモデルの展示会にも行ってきました。
今期モデルが大幅にモデルチェンジしてたので来季はカラーリング以外はあまり大きな変更はありませんでしたが、その中でも気になった(気にいった)モデルを何台か撮ってきましたのでご覧ください。

70C1FD03-2F2E-40F8-8281-02973BFA0D3D.jpgAE5C9642-EE68-4181-9969-2363196DB2A9.jpg
エディメルクスのフラッグシップモデルem-525は今期キャリパーブレーキとディスクブレーキの2種類展開していましたが、来シーズンはディスクモデルだけの展開の様です。

8E8B23D6-ED1F-4532-8E0E-39F04C1091B1.jpgCEE847B7-D680-422C-B427-2E6659E1A815.jpgDCF4C9FA-2497-4F7C-8D82-4A446A196EBA.jpg
セカンドクラスのサンレモ76はカラーリングの変更とフレーム販売モデルがラインアップされます。
青の濃淡に白は個人的に大好きなカラーリングですね。このカラーリングはフレーム販売専用色になります。

剛性硬めのem-525に比べて一般レベルで乗りやすい硬さながら数字だけで見るとem-525より軽いというのも「ガチの競技仕様はちょっと・・・」という一般ユーザーには嬉しいですよね。まぁ、ディスクとキャリパーブレーキというブレーキの違いによる作りの違いなんですけどね。

136F1746-F43B-486F-B436-4E6CB5405F04.jpg00B86A64-27B4-4A8A-AC27-E44C39827229.jpg1DF535F7-4055-4816-ABA7-972B0E4ED4C7.jpg
エントリーロードのブロックハウス67からもBMC同様アナダイズドカラーのフレームセットが出ます❗️
しかもBMCより軽くて安い‼️
というかこの重量はアルミフレーム最軽量じゃないのか?
T社やC社はフレームセットの重量を公表していないので確証はありませんし、そこに惹かれるのはスポーツ志向の高い人でしょうから多くの方はそんなに興味無いかもしれませんが、上位の倍以上の値段のカーボンフレームと遜色無い重量です。
長距離の快適性・疲労感はカーボンフレームの方に部がありますが、それでもエントリー・中級クラスのカーボンフレームを凌駕する可能性を秘めたカーボンキラーの一台ですね。9C82CD48-BF07-4986-A9DC-D0ED5768015F.jpg
完成車モデルは通常のペイントフレームとなりますがティアグラとアルテグラがラインアップされます。

来季はエリア制での販売となる様なのでこうしてご紹介しても当店では販売出来ない可能性もありますが、魅力的なモデルが多数ある事に変わりはありませんので。


posted by Liberta at 19:49| 福島 ☀| Comment(0) | News | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。