2019年08月10日

KHS試乗会ご来場ありがとうございました。

昨日8/9に行ったKHS試乗会は初の平日夕方の開催でFacebookのみでの案内となった為通常より来場された方が少なかったですが、その分色々お話し出来たかと思います。
5C45A4C2-D62E-4C0E-A5E2-07C53955B93B.jpg
カーボンロード・クロモリロード・ファットバイク・ミニベロ(折りたたみ含む)
とバラエティに富んだラインアップでした。


7FD31603-DD2D-486C-8EC6-B2AAD440D903.jpg
クロモリロードのClub 1500
クロモリらしい優しい乗り味でポタリング〜ツーリングにピッタリです。
お洒落な街乗り自転車としてももちろんアリですよ!


A80A0F45-8683-4D9D-9698-38796DB302FD.jpg
カーボンロードのFlite900
コレ正直コスパ良すぎです‼️
他社のハイエンドクラスに引けをとらない性能でフレームセット価格¥180,000-税抜って安過ぎです!
コレは販売店泣かせの商品ですね。
硬くて推進力はあるけど不快な硬さではないのでパーツのチョイス次第でレースからサイクリングまで幅広く対応します。
アメリカや日本の実業団でも結果を出しているのがわかります。
しかもブレーキがダイレクトマウントとセンターボルト式のキャリパーブレーキどちらも対応してる稀有なフレームです。
Disk全盛になりつつありますが、雨の中全開で走るような事が無ければ制動力としてはキャリパーブレーキで十分ですよ。
見た目の好みの話はどうしようもないですけどね。



7A850FA7-BD54-47F4-A07D-591ED4A58DC0.jpg
今では出してるところも少なくなったファットバイク。
KHSでは3モデルラインアップありますが、これは真ん中のATB1000というモデルで税抜価格¥160,000-です。
価格は据置きながらドロッパーシートポスト(ボタンでサドルを上げ下げ出来る凄い便利なシートポストです)が標準装備されました!
ドロッパーシートポストはやっぱり便利ですよ。
後付けも可能ですが物によってはフレームとのマッチングの問題で付かなかったり、価格的に部品だけで4万円くらいしますので後付けする方はほとんどいないんですよね。
それが標準装備されて据置き価格って実質値下げみたいなもんじゃん!
って感じです。
こんな太いタイヤでどこ走るの?
とよく聞かれますが、本来は砂地や雪上での走行を考えての太さですが、街中でハマーやFJクルーザーなどの4WDを乗り回すイメージで普通に街乗りで見た目重視で乗ってもらって全然構いません。
街乗りでもたまにある大雪のときなんかは大活躍してくれます。
20cmの積雪は余裕です。雪質にもよりますが過去には40cmくらいでも進みました。
雪かきしてる人達がビックリして見てたのを覚えています。
今回の試乗会には無かったですがこの下のATB500というモデルも12万円で設定ありますのでそれでも十分楽しめます。
しかもATB500は今度メタリックゴールドになるみたいですのでそれはそれで要チェックですね!
試乗車(私情車)として常備しようかかなり悩みます。



E21E58C9-515B-4839-B94A-1055DB763851.jpgC56AA856-12AF-440F-BD3D-7E57B3CCF92F.jpg
フォールディング・折りたたみの2車種です。
KHSと言えば世間的にはミニベロ・フォールディングバイクブランドとしての知名度の方が高いです。
KHSより安いブランドのフォールディングバイクはありますが、街乗りだけじゃなく、ポタリング〜サイクリングといった走行性能まで考えるとKHSはやっぱりオススメです。


6641AEF3-E986-46B8-BF77-79EFC7E5BCC1.jpg
フレームがタンゲプレステージジャパン変わったP-20RCです。5A7D7204-E594-4A48-A522-1C38DB330B55.jpg
完成車では従来のブルホーンからドロップハンドルSTIレバー仕様に変更されます。
しかもTiagraから105にアップグレード。更にホイールもディープリムホイール標準装備で2万円アップの¥220,000-とこれまたお買得プライス!
登りではカーボンロードに譲りますが、平地では引けを取らない走行性能を誇ります。
羊の皮を被った狼的なコンパクトスポーツがお好みの方や輪行などのしやすさ、室内での保管をコンパクトにしたい方にオススメのモデルです。


752239DB-0D8C-473D-9AF9-259C885DC967.jpg
P-20RCの1つ下のモデルP-20Rです。
今はレイノルズのパイプを使っていますが、今後こちらもタンゲに変わるそうです。
白/赤ツートーンのフレームカラーもカッコいいですし、パーツ交換でのアップグレードも出来ますので、最速や超長距離をやるのでなければ色的にコッチ。というのもアリです。


KHSは総合メーカーですので他にもラインアップありますので気になった方はお気軽にご相談ください。
まずは聞いてみないと始まらないですし、その上でお考えください。



posted by Liberta at 18:04| 福島 ☀| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。