2012年03月11日

ハブ交換

3.11

当店としてはちょうどオープン1ヶ月なんですが、

世間的にも福島県民としても忘れちゃいけない大震災から丸1年。

亡くなられた方達のご冥福をお祈り致します。


今日は当店の作業メニューの1つをご紹介します。

・ハブ交換(ホイール組)

今回はお客様からのご依頼で、「ビーチクルーザーのリアハブを内装3段の物に交換したい。」という内容です。

リムは今迄使っていた物を再利用ということですが、ハブを変えるとハブとリムを繋ぐスポークの長さが変わってしまう場合が多々あります。

実際今回も計算してみたら2mm短くなりますので、スポークは新しい物に交換ということに。

作業の流れとしては、
 ①:今迄のホイールをバラす。
 ②:リムのクリーニング。(ここでクリーニングしないと後で大変)
 ③:新しいハブにスポークを通す。
 ④:リムにスポークを通しニップルで仮組み。
 ⑤:振れ取り台にて縦振れ及び横振れ修正。
 ⑥:振れが収まったところで一旦振れ取り台から外し馴染み出し。
 ⑦:再度振れ取り台にて振れ修正。
大まかに上記のような作業になります。

今回はハブがメインの交換ですが、リムやスポークの交換をメインとした作業も同様の流れとなります。

ハブはそのままで、「リムやスポークのカラーを交換したい!」ということも可能です。

ホイール組基本工賃:4,200円/1本(1部パーツ再利用、パーツ持ち込みの場合割増しとなります。)(パーツ代別途)

※スポーク等パーツの手配でお時間頂く場合がございます。(1週間〜)
 1部パーツ再利用の場合はホイールのみをお持ちください。店舗スペースの関係上車体丸ごとのお預かりはしておりません。
IMG_0883.JPG
その他のカスタム等についてもお気軽にご相談ください。
posted by Liberta at 20:34| 福島 ☁| Comment(0) | 作業 | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

Liberta

今日も雪。。。

いったい今年はどんだけ雪降るんでしょうか?

それはさておき、このQ&Aのカテゴリではお客様から聞かれたことなどを書いていこうと思い作りました。

今回は店名でもあるLibertaについて。

Libertaとはイタリア語で「自由」という意味です。

英語ではLiberty。フランス語だとLibre。ポルトガル語だとLibertadだったりします。

イタリア語を選んだ深い理由は特にありませんが、見た目や言葉にしたときの感覚的なものですね。

各国の言い方の違いはともかく、そもそも「自由」という意味を選んだ理由としては、

いまでは用途に応じてさまざまなジャンルの自転車がラインナップされてますが、

だからといって、メーカー側が推奨する使い方だけに捕われるのではなく、

乗る人の自由な発想で使ったりカスタムをして、自転車自体を楽しんで欲しい。

という思いから名付けました。とはいえ、交通ルールは守りましょうね。


p.s本日水曜日は定休日です。
posted by Liberta at 16:04| 福島 🌁| Comment(0) | 作業 | 更新情報をチェックする