2017年12月26日

451オススメタイヤ・ホイール

20インチのホイールは規格が406と451の2つありますが、406に比べタイヤの選択肢が少ない451サイズの中でも街乗り・ツーリングにオススメのタイヤ・ホイールのご紹介です。
ちなみにホイールはどちらのサイズも選択肢が少ないですね(^^;

FE8016D3-9A38-4098-A3CD-A6A2A4521275.jpg
まずはホイールです。
NOVATEC JACKY451
回転には定評のあるNOVATECのオリジナルホイールです。
700cもコスパの良いホイールを出していますが、こちらもセットで税抜¥38,000-とお手頃です。
ニップルが赤いのもフレームとの相性もありますがカスタム感が出ていいですね。


9A10A9C6-02F9-48B5-AAD8-3AF69C334273.jpg
574B1A0C-8F85-4F26-B530-28D896FC543C.jpg
街乗り・ツーリングにオススメのタイヤはこちら。
パナレーサー  ミニッツタフ
パナレーサーのPro Titeベルトを使ったタイヤは組むのに苦労するほどサイドが堅いタイヤなので耐パンク性能は余程のことがなければ大丈夫です。
あ、タイヤの空気は適正の場合での話です。
ミニベロに限らずパンクの一番の原因は空気圧不足ですので。
そしてチューブはやっぱりR'AIRで決まりですね。
ハンドルへの振動吸収性が悪い451タイヤの快適性の向上には外せないアイテムです。
700cでは軽量化アイテムとして使うケースが多いですが、451に関しては軽量化より快適性の向上が主な目的ですね。
タイヤ・チューブは日本製というのも個人的にお勧めのポイントです。


今回のタイヤ・ホイールは先日入荷したKHSのフレームに装着するパーツですので在庫ではありませんが、車体を組んでる間は装着イメージとしてご覧になれると思いますのでミニベロのカスタムに興味のある方は是非直に見てみてください。
posted by Liberta at 19:01| 福島 ☀| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

ミニベロ最速クラスのフレーム「KHS P-20RAC」入荷しました。

ミニベロの中でも最速を狙える組み上げるのが楽しみなフレームが入荷しました!

94C81233-2496-4953-9B84-7620CAB795A1.jpeg
KHS P-20RACフレームセット クロームシルバーです。


F71E6112-942C-4FE1-A2D2-D6E860261655.jpeg
ダウンチューブにKHS。
トップチューブにP-20RACロゴがスッキリと入っています。


F4838DDA-11C5-420D-A0E6-8CB639F903D7.jpeg
チェーンステーがカーボンでシートステー部のエラストマーと相成ってミニベロならではの突き上げの緩和と路面追従性に貢献しています。

もともとミニベロはモデルチェンジが少ないジャンルですが、こちらのP-20RACもこのクロームシルバーの完成車販売こそなくなりましたが昨季からの継続モデルとなります。

こちらのモデルはフォールディング(折り畳み)バイクではありませんが、ハンドル、サドル、ホイールを外すとここまでコンパクトになりますので輪行も考えられてるモデルです。
Pシリーズ専用の輪行バックはリュックタイプで両手が使えるのでスゴイ使いやすそうです。

ミニベロに速さを求めていない方も多いと思いますが、自転車において速さというのは「体力の消耗が少ない自転車」とも言い換えられます。
更に、ハイスペックな自転車ほど軽く作られている場合が多いので輪行などで自転車を持ち歩くというケースでも身体の直接的な負担が少ないです。
パーツ構成はあとで使い方や好みに合わせてアップグレードしたり出来ますが、フレームを変えることは自転車を変えるということになりますので最初の自転車選びは重要ですね。
でも最初は方向性が決まっていなかったり、乗ってるうちにやりたいことが変わってくることはよくある話ですので深く考えすぎて決められなかったりするのでそれはそれで問題あるんですけどね
まぁ、そのとき1番楽しめる自転車を選ぶのと、その後のカスタムなどの相談に乗ってくれる・相談しやすいお店を見つけるのが何はともあれ大事ですね。

さて、話がそれてしまいましたが、こちらのフレームはお客様と色々相談して決めて頂いたフレームで、これからパーツを組んで完成車に仕上げていきます。
パーツ構成も好みや予算、用途などをお聞きして選んでいきました。
パーツも順次入荷してきますのでそれはそれでこちらかfacebookにアップしていく予定です。
車体完成後にはこちらに追ってあげるつもりです。

KHS P-20RACフレームセット クロームシルバー ¥151,200-税込
posted by Liberta at 20:12| 福島 ☀| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

KHS P-20R のご紹介

KHSのカッコいいミニベロP-20Rのご紹介です。

580D751B-2219-4F64-8F5E-C13BC7557B20.jpg2E339F21-9A28-4382-B519-DFF03CF54EDF.jpg388E9E02-52AE-404E-BD7F-5C2C8BE7E2CA.jpgC384214A-4C15-4289-8FA8-34627644B9B0.jpg
フラットサンドブラックと言うただのマットブラックとも違うカラーがまずカッコいいです。
それにKHSならではのブルホーンハンドルはレースや超ロングライドを考えなければ使い勝手に優れたハンドル形状です。

そしてKHSならではと言えば、
1B018BAD-AA74-4969-8BF1-F8E120E998DB.jpg4D475858-EC12-42EF-BF68-FAB54BE6C880.jpg
やっぱりソフトテール!
コレがホントに効果大です‼︎
タイヤの小さいミニベロは小回りやスタートダッシュなどの機動性に優れていますが、快適性においてはタイヤの細い451と呼ばれる規格においてはやや難があるのも事実です。
それを大幅に緩和してくれるのがソフトテールと呼ばれるゴールドのパーツです!
体感に個人差はありますが、側溝のフタの上みたいな連続した繋ぎ目があるところを走ってみても不快な突き上げは感じません。
この不快感を解消するためにサドルを交換したりタイヤを交換したりといった方法が普通の方法ですが、コレがあればそれらを走りや見た目を気にしたパーツに交換出来るのは嬉しいですね。
快適性の高いサドルは厚ぼったくてヤボったくなるしタイヤを太くすると路面抵抗が増えるし(^^;;

コレより安いミニベロは沢山ありますが、走行性能と快適性を高レベルで持ち合わせていますので、それを考えると決して高い自転車ではないと思います。
とはいえ、使い方によって求める性能が違ってきますので、どれが自分に適したモデルなのかはご相談ください。
posted by Liberta at 19:07| 福島 ☁| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする