2017年04月15日

KHS P-20R のご紹介

KHSのカッコいいミニベロP-20Rのご紹介です。

580D751B-2219-4F64-8F5E-C13BC7557B20.jpg2E339F21-9A28-4382-B519-DFF03CF54EDF.jpg388E9E02-52AE-404E-BD7F-5C2C8BE7E2CA.jpgC384214A-4C15-4289-8FA8-34627644B9B0.jpg
フラットサンドブラックと言うただのマットブラックとも違うカラーがまずカッコいいです。
それにKHSならではのブルホーンハンドルはレースや超ロングライドを考えなければ使い勝手に優れたハンドル形状です。

そしてKHSならではと言えば、
1B018BAD-AA74-4969-8BF1-F8E120E998DB.jpg4D475858-EC12-42EF-BF68-FAB54BE6C880.jpg
やっぱりソフトテール!
コレがホントに効果大です‼︎
タイヤの小さいミニベロは小回りやスタートダッシュなどの機動性に優れていますが、快適性においてはタイヤの細い451と呼ばれる規格においてはやや難があるのも事実です。
それを大幅に緩和してくれるのがソフトテールと呼ばれるゴールドのパーツです!
体感に個人差はありますが、側溝のフタの上みたいな連続した繋ぎ目があるところを走ってみても不快な突き上げは感じません。
この不快感を解消するためにサドルを交換したりタイヤを交換したりといった方法が普通の方法ですが、コレがあればそれらを走りや見た目を気にしたパーツに交換出来るのは嬉しいですね。
快適性の高いサドルは厚ぼったくてヤボったくなるしタイヤを太くすると路面抵抗が増えるし(^^;;

コレより安いミニベロは沢山ありますが、走行性能と快適性を高レベルで持ち合わせていますので、それを考えると決して高い自転車ではないと思います。
とはいえ、使い方によって求める性能が違ってきますので、どれが自分に適したモデルなのかはご相談ください。
posted by Liberta at 19:07| 福島 ☁| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

ミニベロにこそR'AIR

クリンチャータイヤの軽量チューブとしてお馴染みのR'AIRですが、自分のミニベロに使ってみてその性能に驚きました‼️

ミニベロはその構造上クロスバイクやロードバイクに比べて乗り心地が犠牲になりがちなので、僕は今迄可能な限りタイヤを太くしてエア圧を下げて乗っていたんですが、イベント用に通常の太さのタイヤにしたら乗り心地の硬さに嫌気がさしていたんですが、軽量化目的でR'AIRを入れてみたら軽量化による走りの軽さ以上に乗り心地の劇的な改善にビックリしました‼️

189C36A5-1AAC-4E80-A067-AAC48FB43FAE.jpg

僕は20インチでも451サイズの為、太いタイヤと言っても1-3/8しか選択肢がないんですが、1-1/8にR'AIRを入れたら1-3/8でエア圧低めの時と同じくらいの感触になりました。

タイヤのエア圧がMAX100psiなのに80で乗ったら柔らかく感じたので90まで上げたくらいです。
ちなみに1-3/8のときは40psiくらいで乗ってました。こちらのタイヤのMAXは65psiというのもありますが下限まで下げてました。

R'AIRのこの違いはミニベロの方が感じやすいのかもしれませんが、ロードバイクの700cでも絶対的に乗り心地等は変わるはずですので、乗り心地を改善したい場合はサドルの前にチューブをR'AIRにしてみるのも良いと思います。
サイズによって値段は変わりますが概ね1本¥2,000-以内です。(工賃別)

体感には個人差がありますが、ミニベロは殆どの方が感じられると思います。
posted by Liberta at 15:25| 福島 ☁| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする

2016年08月04日

ミニベロカスタム Bonnetnoir Alize・R

Bonnetnoir Alize・Rをちょっとマイナーチェンジしてみました。

B5687EAF-81A4-4E03-9C21-FADFD62F25F4.jpg4CF8359A-0868-4176-90D4-EBC743051576.jpg

上の写真から、
3E44DD83-6DCE-4B6E-A5B2-94716EA4E1FE.jpg
こうなりました。

って、よくわからないですよね(^_^;)
では詳細です。
345F300B-4648-4E5E-AF2A-998871DA499E.jpg
まずはチェーンリングが56Tから60Tになりました。クランク長170mmなのに短く見えます。
これにより最高速が普通のロード並みに上がりました。コレは火曜日実証済みです。
そしてクランクを余っていた7900Duraクランクに。インナーは44Tのまま変わらずです。


CB743436-F771-4193-B09A-138EBE91296C.jpg
そしてお次がハンドルとステムも交換しました。
ステムはGHISALLOの120mmに。黒のスレッドステムで長いのって無いんですよね。GHISALLOのロゴですがNITTO製です。
ハンドルはDixna CROSS26.0のM,sizeに。
ステム長を10mm伸ばした事により、ダンシング時に膝がハンドルに当たらなくなり登りがだいぶ楽になりました。

FD821843-86CF-4400-AD3A-A8162C3DE479.jpg
ハンドルを上から見るとこんな感じで末広がりになっています。前から見てもハの字になっていて、ハンドル幅が広がった事により操縦安定性がかなり上がり安定感が出ました。
前のハンドルはカッコ良かったんですが、ハンドル幅が狭かった為ミニベロにはあまり向いていなかったですね。フルサイズのクロモリロードにはイイと思います。

それと写真忘れましたが、シートポストをRITCHEYに変えています。
400mmのシートポストってあんまり無いんですよね。
この自転車にも一年乗ってきて、ようやくポジションが出てきました(^_^;)
ポジションは熟練度や用途によって変わってきますので、そういったご相談にも対応していますが、車体の発展性の話など、モノによっては出来ないケースもありますので、車体のご購入時からご相談頂けると尚嬉しいです。
posted by Liberta at 16:07| 福島 ☀| Comment(0) | ミニベロ | 更新情報をチェックする