2018年08月07日

IRC FORMULA PRO Light

チューブレスレディのタイヤがだいぶ増えてきましたが、かれこれ10年くらいチューブレスタイヤを製造してきてチューブレスタイヤにこだわって作り続けているのがIRCです。
その中でも走りの軽さに重点を置いて開発されたのがFORMULA PRO Lightです。
50FCB606-7B75-4B31-892C-6F3F3D81E158.jpg
単に重量が軽いというだけではなく、転がり抵抗も抑えてあるので実際に走って軽いという二重の意味のLightとなっています。

何のために軽くするかって言ったら速くする為で、軽くなっても遅くなるんでは意味ないですからね。
一般人の使い方において速さだけが全てではありませんので、耐摩耗性や耐パンク性などといった性能とのバランスも重要ですが、
「速い(速く走れる)=疲れにくい」
という事もまた事実ですので、何が良いかはその人の使い方次第ですね。

話が若干逸れてしまいましたが、245gというタイヤの重量だけを見たら「他にもっと軽いタイヤあるじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、クリンチャータイヤの場合そこにチューブがプラスされます。
チューブレスレディの場合はタイヤ+シーラントとなります。
チューブレスタイヤの場合それだけで他に基本必要ありませんので、重量の点で見ても実質的に最軽量クラスと言えます。

クリンチャータイヤの場合タイヤとチューブの組み合わせ次第ではこれ以上に軽くする事も可能ですが、先程も言いました様に軽くするのは速くする為の手段であって軽くすることが目的ではないはずです。

チューブレスタイヤの転がり抵抗がクリンチャータイヤやチューブラータイヤより低いのは明らかになっていますし、快適性や耐パンク性もチューブレスタイヤの方がいいですしね。

最近多いチューブレスレディはシーラントを入れてチューブレスとして機能するタイヤの事です。
従来のクリンチャータイヤより転がり抵抗は低いですが、一般的にシーラントをロードバイクの場合60ml程度の添加を推奨されている場合が多いので、シーラントを含めた重量はクリンチャータイヤのチューブを足した重量と大差ないんですよね。

実際、チューブレスレディ最軽量のタイヤを使ってみましたが、初期のタイヤ重量は225gだったのに、交換する際外して重さを計ってみたら275gありました。
実際走りは軽かったけど薄くて耐久性と耐パンク性はイマイチでしたので1発勝負のレース用としてはともかく、ロングライドの用途なども考えると僕は今後使うことはないと思います。

そういう事からなんだかんだでやっぱりIRCに行き着きました。
Made in Japanというのも魅力の1つでもあります。

チューブレスタイヤの使用には対応のホイールが必要になりますのでホイールのアップグレードの際にはそこも踏まえてご検討ください。
チューブレスレディのホイールもありますが、こちらは専用のリムテープを使うことでチューブレスタイヤの装着が可能になるホイールの事です。
チューブレスレディのみという事ではありませんのでご注意ください。

posted by Liberta at 01:03| 福島 ☔| Comment(0) | オススメ | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

BE・ALL B26-2 お洒落なシティサイクル車あります。

ロードバイクなどのスポーツバイクの認知度もだいぶ広がってきていると思いますが、街乗り用と言うと普通のママチャリか電動アシスト付き自転車だけなんじゃないの?
という方もまだまだ多いと思います。

日常の足として考えてるけど普通のよりはちょっとお洒落で、でもロードバイクみたいなスポーツタイプはちょっと...
という方にこそオススメなのが今回ご紹介する
BE・ALL B26-2 と言う自転車です。

3A03BF45-F546-43DB-9BB5-435C9BB441BC.jpgCA5E9105-628D-4F4B-B7AB-B03831DEC210.jpgB195CBBC-1487-4361-9CEE-72B0A4BCF2F8.jpgFEF55C30-8445-4A43-B389-8E72B2151585.jpg

内装3段変速仕様のシティサイクル車です。
砲弾ライトとハンドル形状がクラシック感を醸し出している他、フレーム同色のリアキャリアもお洒落ですよね。
一般的なママチャリと比較すると前カゴは付いていませんが、この自転車なら日本風に前カゴにするのではなく、ヨーロッパ風に後ろに付けるのもいいですね。
カゴの装着はオプションになりますので、シンプルなワイヤーカゴからラタンのカゴなどご自分の好みで選べます。
もちろん付けないという選択もアリです。

タイヤサイズは一般的なママチャリと同じ26x1-3/8というサイズになりますのでパンク修理などでお店を選ばなくてはいけないという事もありません。

現在ブルーとブラウンの2色あります。

BE・ALL  B26-2 ¥56,700-(税込)
posted by Liberta at 16:56| 福島 ☁| Comment(0) | オススメ | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

grungeハンドルバーバッグのご紹介

スマホのカメラも綺麗になってきたけれど、やっぱりカメラならではの画質も楽しみたくて、カメラをもってサイクリングしたい。

という方結構いると思いますが、ここで問題になるのが、「じゃあどうやってカメラを持っていこう?」
ということなんですよね。ストラップで常に肩から下げておくのは撮り逃し防止には良いですが、僕もそれで肩痛めた事ありますし、バックパックは替えのレンズや三脚も持って本格的に行くならアリですが、気軽さは無くなりますので、標準レンズや広角レンズだけでフラッと気軽に行くならこんな感じでカメラをハンドルバーバッグに入れて行くのがバランスが良いと思います。
32A2C7B4-F7C4-46B9-9323-4BE3F8CACF56.jpg2E895E0F-A106-4302-A8FE-B48A30B45B67.jpg05870C71-2A1E-4BC6-81C8-292CA6952AF8.jpg47771124-FA43-41FE-B8AF-22D4EDEADC34.jpg5B362140-1D1B-4672-A89D-1D895868AD79.jpg
中はアルミラップされていて簡易保温と簡易防水されていますのでちょっとした通り雨くらいなら耐えられますし、電子機器には保温もあった方が良いですよね。
保温はカメラを入れないときにはペットボトル等の保温にも役立ちますしね。
ベルクロの簡単取り付けなので外して持ち運ぶ事も出来ます。
カメラを入れる場合は付属のスポンジをこうして使うと緩衝材にもなって安心です。
コレは小さめのカメラですので、フルサイズ一眼タイプのデジカメでも入ります。(レンズにもよります)
カメラ無しのサイクリングでも財布と携帯を入れて出かける程度にも丁度いいサイズですね。
他にも色んな使い方が出来ると思いますので是非お気に入りの使い方を見つけてください。
posted by Liberta at 13:23| 福島 ☁| Comment(0) | オススメ | 更新情報をチェックする