2018年01月26日

第3回パーツ合同展示会行ってきました。vol.1 STEM DESIGN編

昨日1/24は浅草へ。
第3回パーツ合同展示会へ行ってきました。
毎回少し出店者の変更はあるものの、こちらも毎年興味の対象が変化してたりするので毎年新しい発見があり楽しみにしている展示会です。

今回はそんな中から僕のお気に入りのウェアブランド「STEM DESIGN」のご案内です。

オシャレな自転車ウェアとしては近年海外ブランドを始め色々ありますが、どれもレーシングジャージのデザインが違うだけで個人的には気に入ったブランドは無かったんですよね(^^;

ロードバイクのレーシングジャージでオシャレな物をお探しならそれで良いのでしょうが、自転車ウェアの機能性を持ちつつガチ過ぎないサイズ感とデザインを併せ持ったものと言ったら僕の中ではSTEM DESIGNが1番ですね。

個人的にクロップドパンツを普段着としても愛用していますが、今回もウールニットジャージを自分用に頼んできちゃいました!
30100D92-05C3-4452-A6DE-597A79649078.jpeg
メリノウールなので肌触りも良いです。
06AC3C61-38DA-4C9E-A57C-E90A706769A9.jpeg
昨日はSTEM DESIGNのクロップドパンツを履いて行ったのでセットアップとしてもばっちりです!
3CD847A7-6E29-46CD-9827-5A82BFDA0CB1.jpeg
胸のロゴの赤チェックもアップリケで可愛いです。
5D7DB71C-FF99-49E7-ADBD-15831EA94DBA.jpeg後ろには自転車ならではのバックポケットも当然付いてます!
これを知ってしまうと日常でも凄い便利です。
自転車で多少前傾姿勢になっても腰が出ないように後ろは少し長くなっています。9887D811-104F-4D26-B944-ECE2182047D5.jpeg
背中の内側にはバックポケットに物を入れたときに背中の生地が伸びないよう当て布をしています。
着ると見えなくなっちゃいますが、隠れたオシャレポイントは着る時にちょっと上がるポイントですよね。
0B375EDF-9F4B-4509-8770-AB5DD895A00A.jpeg
ジャケットと一緒にアルカンシェルボンボンキャップもかぶってみました。
黒もありますが白もいいです。
こちらは自転車乗るときじゃなくて観戦用にと出されているアイテムですので普段使いとしてもピッタリです。

そして今年の新商品も勿論撮ってきましたよ!
4CC37FC4-20C4-4945-B864-A5C43933E86A.jpeg2E44A6BF-BF64-4321-A1F7-C27CC76AB443.jpeg
ボーダーロンTです!
勿論バックポケット付きです。
財布やタバコをズボンのポケットに入れるよりバックポケットに入れた方が何かと動きやすいんですよね。
自転車に乗る事を考えた機能性ウェアですが、むしろ僕的には「自転車にも使える機能性お洒落着。」という感じです。
レースやトレーニングじゃなくてポタリングや輪行などのユルい感じで乗るときにピッタリです。


そしてもうひとつの一押し新商品がこちら!
19ABBA43-82E6-48C0-BB2A-899ED7500E8F.jpeg1962F700-DCBC-4C27-A617-DAEE9C553A38.jpeg
HOP HEADSジャージです!
走り終えた後のビールの旨さを知る人に是非お勧めしたい1着です。
HOP HEADSとはビールの事で頭がいっぱいの人の事を指す言葉らしいです。
そういうユーモアをお洒落なデザインに落とし込むところがSTEM DESIGNならではですよね。
ホップが強調された黒地にするか、爽やかに白地にするかはお好みで。


STEM DESIGN定番のポロジャージも健在です。
今期はデザインの変更と生地の厚みが変わり、しっかりした厚みのある生地に変わります。
普通の鹿の子ポロみたいな厚みのある生地が好きな方にも満足してもらえる生地になってるかと思います。
FC02FE9E-3E22-403D-90F2-4C9D901205D6.jpeg
C87C6554-ADAF-42E4-B517-B0D707D5A7D2.jpeg

お洒落な中にも個性をアピールしたい方にピッタリなのがこちらのジャージです!
53C5B992-AEB1-4798-960F-B2B737FDDC0F.jpeg5C275FC7-6E75-41B2-B046-A7EBC0FB67A9.jpeg
4つに区切った特徴的なデザインですが、
僕としては白と水色にはもう店名入れたいくらいです(๑˃̵ᴗ˂̵)
店名はともかく個人的に買っちゃおうかな〜。

そしてロードバイク乗りの方にはちゃんとビブショーツも有ります。87E9E789-1730-45A4-973B-640515C05074.jpeg
黒地にストライプだけのシンプルなデザインなのでどんなジャージにも合う一枚です。
ビオレーサーのパッドを使っているので快適性も高いとこ事です。

これらご案内したアイテムはすでに販売されている物もあればこれからの物も有りますので詳しくはお問合せ下さい。
僕はデザインだけじゃなく、どういうときに着るかまで考えて見ていますので、どういう使い方に適したウェアやアイテムがどれか?などもご相談ください。

posted by Liberta at 00:27| 福島 ☁| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

POS(Panasonic Order System)始めました。

made in japanのチタンフレームやクロモリフレームのカスタムオーダーでお馴染み(?)のPanasonic order System 通称POSの取り扱い始めました。
チタンはともかく、クロモリフレームの完成車としてはrockbikesを始め、KHSやラレー、JAMIS、MASIなども取り扱っていますが、個人的にPanasonicはシャカリキの鳩村が乗ってたのもあり好きでしたし、やっぱりいつかはクロモリオーダーフレームに乗りたい!
という思いや周りのお客様達のクロモリ人気もありPOSの取り扱いに踏み切りました。

デザインの好みや用途・予算に応じて色々ある中からサイズやカラーリングなど自分だけのオリジナルを作れます。

初心者の方がオーダーする事も可能ですが、初心者の場合後々用途が変わる事も多々ありますので、既にロードバイクにお乗りで方向性の決まってる方の乗り換えや増車としてがお勧めです。

カタログは店頭用の一冊しかありませんが、モデルやオプションなどはwebで見れますので是非ご覧になってみてください。
posted by Liberta at 20:16| 福島 ☀| Comment(0) | News | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

MORGAW FORSAGE サドルを付けてみて

MORGAW FORSAGEサドルを通勤バイクに装着してみました。
D48EEE73-0AC0-459C-9892-05BE57D6B0E1.jpg
真横から見た感じはこんな感じです。

全体像を撮り忘れたので交換前の写真がこちらです。
EDEA3310-4C36-4234-B180-EF901EACC5E9.jpg

5E7A2109-B914-4D5C-B092-04ED34AA1F2F.jpg
下から見るとこんな感じです。
分かりづらいかもしれませんが、サドルレールを止めてる水色のボルトの部分にエラストマーが入っていて、それによりサドルが左右に振れるようになっています。

このサドルに交換していざ乗ってみたら今迄乗ったどのサドルとも違う不思議な感覚でした。

通常は座面が硬いか柔らかいかのどちらかですが、このサドルは座面だけで言うと硬めなのに乗ってみると硬さを感じず、と言うか通常坐骨の当たり具合で硬い柔らかいを判断しているのにその坐骨の当たる感触が弱いんですよね。

構造的なものは頭では分かっていましたが、乗ってみてその感覚には驚きました。
簡単に言うと脚がスムーズに下げられるんです。
サドルの高さを下げたかに感じられるかのようでした。

サドルの座面が左右に動いて脚の上下運動を妨げないって地味に凄い事でした!
脚の下げる動きに伴って座面も動くと言うことは反対側は上げる動きに連動してると言うことなので、

「踏み込みの邪魔をせず、尚且つ引き上げのサポートをしてくれる」

というアシスト機能までついたサドルという事なんですね。

座面が動くことによってもう一つ感じたのが、
「車体の振れが小さくなった」
という事です。

脚の付け根、骨盤から動かすペダリングでは踏み込み時に車体が踏み込みと反対側に逃げるように動いていたのがサドルが動いてくれる為に坐骨によってサドルから車体が左右に振られていたのが少なくなったんですよね。
車体が左右に揺れないという事はタイヤやハブの負担も少なくなるということですよね。
ここまでは考えていなかったのでこれは嬉しい誤算でした。

軽さやクッション性だけを求めるなら他に色々ありま
すが、身体の動かしやすさからくる快適性という点では現状唯一無二のアイテムだと思います。

アルミレール、カーボンレールと2種類あり、しかもレール部品だけを交換する事も出来るので、カーボンレール仕様に安価でアップグレートすることも可能です。
しかも乗り慣れたサドルで!
アルミレール仕様でも平均と比べて軽量で、機能性アイテムとしては手頃な価格ですので、坐骨がサドルに押し返されて痛みが出る方や、ハイケイデンスでお尻が跳ねてしまう方にも効果のあるサドルかと思います。
但し!サドルレールが7×9なのでシートポストが対応しているかどうかの確認もお忘れなく。
僕の自転車での試乗・確認等出来ますのでお気軽にお声掛けください。
posted by Liberta at 08:56| 福島 ☁| Comment(0) | custom | 更新情報をチェックする